page top
ご祈祷・参拝

人生通過儀礼

人の一生には、いくつかの節目があります。誕生・成年・結婚・厄年・葬儀 ― 節目ごとに無事であったことを神様へ感謝し、これからも平穏であることを祈ります。

安産祈願(帯祝い)

写真:安産祈願(帯祝い)お守り

妊娠五ヶ月目を迎えた妊婦が安産を願いながら腹帯を巻く儀式で、戌の日を選んで行ないます。

命名式(お七夜)

出産後七日後に行なわれる命名式で、家族・親族で宴席を設けて安産を喜び、赤ちゃんの健やかな成長をお祈りします。

初宮詣(お宮参り)

写真:初宮詣(お宮参り)お守り

氏神様へ赤ちゃんをお披露目する儀式で、生後30日前後に神社へお参りして、健やかな成長を願い、神様のご加護を願います。

お食初め

生後100日前後に一汁、三菜を用意して食べさせるふりをします。「一生食べ物に困らないように」と願いをこめて行なう儀式で、家族の中でもっとも年長者にお願いすると良いとされています。

初誕生

写真:初誕生お守り

満1歳の誕生祝のことで、これまでの赤ちゃんの健やかな成長を願う行事の仕上げともいえるお祝事です。

当地方では一升餅を風呂敷に包み、赤ちゃんに背負わせる風習があり、転ぶことで厄をおとし、さらなる健やかな成長を願います。

七五三

写真:七五三お守り

11月15日に、3歳・5歳の男の子、3歳・7歳の女の子が、神社にお参りして健康と成長を願う風習で、平安時代の公家で行なわれていた儀式に由来するものです。

当時は、3歳になった男女が髪を伸ばし始めることから「髪置」、5歳になった男の子が袴をはき始めることから「袴着」、7歳になった女の子が大人の帯を付け始めることから「帯解」と、呼ばれていました。

奨学祭(入学祝)

小学校入学児童が、真新しいランドセルを背負って神社へ参拝して、神様に通学の安全と、学業の上達を願う行事です。

成人式

20歳になると日本では、さまざまな責任が生まれ、成人とみなされるようになります。

これ以前は、武士や公家では10代半ばで元服という成人の儀式が行なわれ、特に何歳でという決まりはありませんでした。農家でも同じように決まりはなく、一人前の仕事が出来るようになったら、大人と同じ行動をとることが許されていました。

結婚式

写真:結婚式お守り

日本における婚姻の形はさまざまです。

平安時代は「婿入り婚」が主流で、相手女性の親の許しを得て、妻の住まいを夫が訪ねる「通い婚」という形で、しばらく通い続けた後に夫の住まいへ移り住んでいました。

そして戦国時代には「嫁入り婚」が主流となり夫の家で祝言を行い、その日から妻は夫と同居していました。

これが現在の結婚式となり、結婚後の同居も一般的になっていきました。

厄年

写真:厄除けお守り

古来より日本では厄年の年齢に達すると厄祓いのご祈祷を受けてきました。
中でも男性42歳・女性33歳はもっとも災難がふりかかりやすい大厄と言われています。厄にあたる年の前後年を合わせて、3年間厄祓いのご祈祷をうけます。

深志神社では厄除祈願祭(厄払い)を行っております。詳しくは「ご祈祷・挙式」ページをご覧下さい。

年祝い

写真:病気除けお守り

年祝いは還暦(61歳)、古稀(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、半寿(81歳)、米寿(88歳)などが広く知られていて、その後卒寿(90歳)、白寿(99歳)、紀寿(100歳)、茶寿(108歳)、皇寿(111歳)と続いていきます。この年を迎えるにあたり、神様に長寿を感謝し、家族や親戚とお祝いをします。

ご祈祷・参拝
ご祈祷・参拝
人生通過儀礼
七五三・お宮参り
天満宮御鎮座四百年祭
フォトギャラリー
朱印紙
お問い合せ
ページTOPへ